作業員

土のう袋が活用される現場と利用方法|様々な建材について知る

建設工事現場の問題防止策

木材

養生シートというのは建設現場に導入されるシートで、建設現場の仮設構造物外側面全体を覆うように設置されているシートのことを指します。建設現場を覆う形で設置されているので、養生シートを目にする機会というのは非常に多いことでしょう。建設現場に養生シートを設置する目的というのは、建設現場付近に住む住民や現場の前を通る通行人へ迷惑を掛けないためといった目的が主なものとなります。
養生シートを設置することで防ぐことができる近隣住民や通行人への迷惑というのは、幾つかあります。まず、現場で発生する作業音の騒音です。作業音というのは、非常に大きいため騒音被害と成り得ます。しかし、養生シートには防音効果があるため、そういった被害を出さずに済むのです。次に、落下物による被害リスクが挙げられます。作業現場の仮設構造物では数多くの作業員が働いており、様々な工具を手にしています。作業員が何らかのミスをして、それらの工具を落としてしまう可能性というのは有りえないことではありません。もし、工具を落としてしまった落下地点に通行人がいた場合、怪我だけでは済まないかもしれないのです。養生シートがあれば、工具を誤って落下させてしまい被害を発生させる心配がなくなるのです。最後に、粉塵等の飛散といった問題が挙げられます。建設工事現場では工事作業を行う際に細かい木屑や埃、鉄粉等の様々な粉塵が発生します。養生シートが無ければそれらの粉塵は飛散し、近隣住民へ迷惑を掛けてしまうことでしょう。養生シートにはそういった粉塵飛散被害を防止する意味もあるのです。