男女

土のう袋が活用される現場と利用方法|様々な建材について知る

利便性の高い土木資材

土嚢袋

土木工事現場や水害対策等、様々な場面で利用されている土木資材に土のう袋と呼ばれるものがあります。土のう袋というのは、丈夫な袋に土砂を詰めて使用するシンプルな土木資材です。また、土砂を詰めた土のう袋のことを土嚢と呼びます。詰めるものが砂のみであった場合、砂嚢とも呼ばれます。使用される袋の材質は、布製のものや麻、ポリエチレン、PE等の材質が用いられます。それらの材質の中でも、PEやポリエチレンが主流の材質となっています。PEやポリエチレンは熱や紫外線に強いため、土砂を詰めて使用する土のう袋に最適な材質なのです。土砂を詰めて土嚢としたものの使用方法というのは、主に複数の土嚢を積み上げて使用されます。
土のう袋は様々な現場に導入されており、土木工事現場及び土砂災害、水害は勿論のこと、軍事目的としても活用されています。軍事目的での活用では、銃弾や砲弾破片を防ぐバリケード(遮蔽物)として土嚢を積み上げます。軍事目的以外の目的の例としては、側溝の泥上げ時に上げられた泥を回収するための袋としても利用されているといったものが挙げられます。これらの例は土のう袋の活用例の一部でしかなく、実際は更に幅広い範囲で活用されているのです。土のう袋が最も活躍する現場というのは、水に関わる現場でしょう。土砂を詰めて土嚢とし積み上げた場合、水を妨げる効果は大きなものとなります。そのため、水害時の流入防止や浸水防止、水道工事の水対応等、水に関わる様々な場面で活用されているのです。

建設工事現場の問題防止策

木材

建設工事現場というのは、騒音や粉塵、落下物等様々な被害を発生させてしまうリスクのある現場となっています。それらの被害リスクというのは、養生シートの設置により防ぐことが可能です。

詳細を読む

専門通販サイトで発注

男性

電動工具には一般利用者向けのDIY用のものと、工事事業者が現場で使用するプロ用のものがあります。工事事業者が専門通販サイトを利用してプロ用電動工具を発注する際には、それらの違いに気を付けて注文する必要があるでしょう。

詳細を読む

転動体の違いについて

建材

ベアリングには構造の違いにより、転がり軸受と滑り軸受の二種類に分けることができます。転がり軸受に関しては、使用する転動体が玉かころかによって、玉軸受ところ軸受に細分化することが可能です。

詳細を読む